titleicon
実績

こちらに掲載しているのは基本的には新しく施工した車種やかなり汚れているお車を掲載しており、
同一車種は掲載していないお車のほうが多くあります。
そのため、施工実績はこちらに掲載している以外にたくさんございますのでご安心ください。

2018年822

スズキ ワゴンR 2004年(MH21S)

地域/営業所
関東地方 東京都/世田谷店
サービス
エバポレーター洗浄(輸入車)
ご依頼のきっかけ

ご依頼のきっかけ

今日は久しぶりに初めての車種での洗浄でした。
こちらのお車は中古で購入されたそうですが、前の所有者さんが農家で使用していたということで、砂埃がかなり車の細部にまで入り込んでいたようで、エバポレーター内も汚れているのではないかということでお持ち込みいただきました。

施工の状態

施工の状態

エバポレーターを確認してみたところ、詰まってはいませんでしたが確かにかなり砂埃がエバポレーターに入っているようでした。
洗浄してみると写真でもお分かりになりますが、かなり汚れており、下のほうには砂がかなり溜まっていました。

洗浄前はエアコンがあまり冷えないような感覚でしたが、洗浄後は心なしかエアコンが冷えるようになったような気がしました(気のせいかもしれません)。

臭いは元々そんなに気になるものではありませんでしたが、洗浄後はいつものように爽やかな風が出てきました。

お客様からのコメント

エアコンは、行きよりは冷えるようになったので、その足でオートバックスで ガスのクリーニング充填をしました。 真空抜きで135g、充填で350g入ったので、ガス自体も半分以下でした。 おかげさまで、夜は寒いくらい冷えるようになりました。 ディーラーでは、試しにガスを抜いて診断するか、エバポを缶でやる洗浄をやって ダメならエバポ交換で10万弱と言われていたことを思うと本当にお願いしてよかっ たと思います。 ディーラーでの診断では高圧側が高いのでガスの過充填か、どこかで詰まって いるかと言われ、今回の高圧洗浄後は低圧側が若干高く、高圧側は規定値内だ けど針がブルブル震えてました。 ということは、高圧洗浄の結果、高圧側の数値は規定値になったので、やはり 洗浄による効果はあったと思います。 針のブレは、ガスの中に水分や空気が入っていると出やすいということでクリー ニング充填をしたら針のブレも止まり、コンプレッサーからチンチン言う音 も止まりました。 また、なによりもあんなきたないエバポを通過した空気を吸ってたかと思うと 精神的な満足というか安心を得られたことが大きいです。

このページをシェアする